Pages

.

ランプ

先日予告させいただいた外出は、完了いたしましたので、
現在は開店しております。
どうぞよろしくお願いいたします。

***************************************

石の紹介を少しお休みして、ちょっと紹介です。



鏡の前にランプ、おきました!
夜の暗い時間にお越しくださったお客様には、とても不便な思いをさせてしまったかと思います・・・
やっと、明かりがつきましたので、これで鏡の前でも見えやすくなるかと思います。

なんだか不思議な配色の装飾がついていて、素敵なのでランプもぜひ見にいらしてください。

reade more... Résuméabuiyad

石2

本日、台風の影響で、16時にて閉店とさせていただきます。
お手数をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。
皆様もお気を付けくださいませ。。。

**************************************************

明日10/1(月)昼ごろから夕方にかけて外出のため不在となる予定です。
まだ確定ではありませんが、直前にまた改めてお知らせいたしますので、
度々で大変申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

**************************************************



カラーレスシリマナイトです。


本来は、黒っぽい石なのだそうですが、これはほぼ透明です。
うっすら黒っぽいので、このクリアな感じに深みがついてとても綺麗です。

少し高さのあるカットです。

かっこいいです。

イヤリングとか、ピアスでもかわいいかなーとか、ブレスレットもいいかなーとか。
reade more... Résuméabuiyad

石1

本日は臨時休業をいただきましてありがとうございました。
遅くなりましたがお店に戻ってきております。
ご迷惑をおかけいたしました。

***************************************************

では、改めまして先日仕入れてきた石の紹介を始めたいと思います!


ロードナイト。
なんといいますか、とってもきれいで、朱色に近い、はっきりしているようで淡い赤です。
赤系の石のご要望があり、探したものです。
一番長さのあるところが10mm程度のもので、高さがあまりないので、
指に馴染みやすいデザインのリングか、、、シンプルなペンダントか、、、などと妄想中です。

こんなに赤い石を選んだのが初めてなので、どうなるのか楽しみです。。。
reade more... Résuméabuiyad

臨時休業のお知らせ


先日のブログでもお知らせいたしましたが、
改めましてお知らせいたします。



○2012/9/29(土)臨時休業をいただきます。

急なお知らせとなりましたこと、お詫び申し上げます。

夕方以降は店内にいる予定ですが、出入りが多々ございますので、
念のため終日店休とさせていただきます。

もしお急ぎのご用がございましたら、留守番電話へのメッセージかメールにてお問い合わせくださいませ。
できる限り早急にお返事いたします。
大変ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。


picogramdesign@kdr.biglobe.ne.jp
0422-21-5030
reade more... Résuméabuiyad

Madame B の家

ノルマンディーからお宅拝見の続きで、今回はMadame Bさんのお家。
(Bさんは、「ペーターおじさん界隈お友達の輪」というわけではないので、本名は伏せておくことに。)

Bさんのお家は、Écouché町の真ん中にいくつかスクエア(広場)がある中で、その一つに面して立っているタウンハウス。
ちょうど町の写真なんか撮りながら、私たちがうろうろその広場に差し掛かったとき、彼女は、偶然買い物の荷物を車から下ろして、家に運び込んでいたところ。
開けっ放しになった玄関から、見るともなく覗き込んだ玄関のインテリアが、とてもステキ、ステキすぎる・・・。
「どヒャ~!!」っという感じで、あまりの美しさに言葉を失って、立ち尽くしていたら、Bさんがフレンドリーに話しかけてくれた。(ええ、もちろん会話は仏語のちょっとできる、言語脳のDanaさんにおまかせ^^。)
そして、親切にも「中も見に、入っていらっしゃい。」と招き入れてくれた。
話から、近所のアンティーク・ショップ「Eclectique」も、もちろんご存知、そして、お店に入れているジュエリーを作っているのは私、ということもお互いにわかって、一気に親密感が増して「写真どんどん撮ってー。」と大盛り上がり。
偶然の出会いって、あるんだなぁ・・・と実感。


Madam B's house
その・・・「言葉を失って立ち尽くした」玄関インテリア。
いきなり、ノルマンディーの田舎町でこれを見たら、足釘付けになるでしょう・・・。

Madam B's house
その玄関の奥のコーナー。
大きな鏡の上にまたフレームを重ねる、このセンスは独創的。
暗いコーナーなので、スタンドライトの光を鏡に反射させて、
明るさを倍増させるコーディネーション。

Madam B's house
玄関を入ってすぐ左の部屋。光に映えるシャンデラブラ(燭台)。

Madam B's house
その部屋の棚のディスプレイ。

Madam B's house
その奥にまた小さな書斎状の部屋があって、ここのインテリアがまたお見事。
18世紀Toile de Jouy(トワル・ド・ジュイ)風の大柄な壁紙をあえて、小部屋に使って、
壁のアルコーヴに、エキゾティックなジャワの彫刻を組み合わせる。
この「はずしてまとめる」センス、只者ではない・・・。

Madam B's house
玄関ホールの奥に立つ、アンティークの子供服マネキンが、
奥のリヴィングスペースに、ご案内。

Madam B's house
明り採りのために、上のブルーの小部屋から、窓が開けられている。

Madam B's house
コーナーコーナーに見せ場あり・・・。

Madam B's house
庭に面したリヴィング・ルームがつながっている。

Madam B's house
ここは2面に窓のある、明るい部屋。

Madam B's house
偶然通りかかってお邪魔しただけなのだが、
まるで撮影を予定して、コーディネートしてあったように完璧・・・。

Madam B's house
こちらは玄関ホール奥右手の、ダイニングルーム。

Madam B's house
この・・・近頃のアンティークの最大のブーム、
表面を荒らしたテクスチャーのフレンチキャビネット。

Madam B's house
表通りに面するキッチン側を見たところ。
古くて痛んだ建物を購入して改装する「リノベーション」が
最近やっと形になってきたところ、なのだそうで、
キッチンはまだまだ「未完成」なのだそう。
「来年には完成しているから、また見にきてね!!」とB夫人。

Madam B's house
玄関ホールの奥のドアをぬけて、階段スペースのまた奥に、庭へのドアがある。

Madam B's house
庭のデザインも、もちろん彼女。

Madam B's house
ドアを出て左手の木陰は、夏の間はリヴィングスペースでもある。

Madam B's house
庭に至るまで、コーディネーションが行き届いている。
デザイナーかアンティーク・ディーラーさん?かと思ったのだが、
実は「病院関係の仕事をしている」のだそうで、「業界さん」ではなさそう。
それでいて、このセンス・・・いやはや、ヨーロッパは奥が深い(笑)。

Madam B's house
最後にもう一度、私たちの「引っかかった」玄関ディスプレイを正面から。

コンタクト先を交換したので、
ぜひまた来年も本格的な「お宅拝見」を企画したいと思っているのだった。

reade more... Résuméabuiyad

開店しています。

無事仕入れ完了いたしました!


小出しに紹介したいと思いますので今日は全体だけ。。

トルマリンはもちろん、アクアマリン、アメシスト、サファイア、シリマナイト、フローライト、ロードナイト、、、
などなど。
自分が今までイメージしていた色とは全く違うものもあったり、石は奥深いです。

店頭ではお見せできますので、気になる方はぜひどうぞー。

これで、また新しいものを増やせます。。
年明けにちょっと大量に必要な予感なので、今のうちにたくさん作りためしておきます!


yomegram

reade more... Résuméabuiyad

ブライダル+リングピロー

ブライダルリング、お渡しいたしました!


今回は、レディースがピンクゴールド、メンズがイエローゴールドです。
ふっくらしたデザインがとても指に馴染みます。
メンズはかなり渋いテクスチャを入れており、使っていくごとに艶も出てきてより渋さを増すはずです。
レディースはミルをぐるぐると一周させました。
ピンクの淡い色味と、クラシックなミルグレンがとてもよく合います。
詳しくはこちら→


今回、初の試みはこちら、「リングピロー」です!


福永宝飾店のお隣の、「Aprose」さん製作です。
こちらはレッスンの一つでもあって、ご自身で製作することも出来ます。

今回結婚指輪をオーダーくださったお二人が、たまたまリングピローも探しているということで、
こちらで用意させていただきます、、、と承ったその日に、Aproseさんでこちらをご紹介されており、もうこれしかない!!と、おすすめさせていただきました。

今回は時間がなかったので、Aproseさんにオーダーでお願いいたしましたが、
式場の雰囲気やドレス、ブーケのイメージを想像しながら、それに合わせてオリジナルのリングピローが作れたら、本当に素敵な思い出になりますね。。


記念の一枚!
お二人の雰囲気、手元に、それぞれの指輪がとってもよくお似合いでした!

お式まであと少しですね・・・
楽しく素敵なお式になりますよう願っております!
ありがとうございました!!
reade more... Résuméabuiyad

臨時休業のお知らせ 2件



○2012/9/29(土)臨時休業をいただきます。

急なお知らせとなりましたこと、お詫び申し上げます。

夕方以降は店内にいる予定ですが、出入りが多々ございますので、
念のため終日店休とさせていただきます。

もしお急ぎのご用がございましたら、留守番電話へのメッセージかメールにてお問い合わせくださいませ。
できる限り早急にお返事いたします。
大変ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。


picogramdesign@kdr.biglobe.ne.jp
0422-21-5030


○2012/9/28(金)は、仕入れのためオープン時間が14:00~となります。
お手数をおかけいたしますが、お急ぎの方はメールにてお問い合わせくださいませ。
よろしくお願いいたします。


福永宝飾店 福永ゆうき

************************************************************

店頭におりますのが私一人のため、このように臨時休業をいただくことがございます。
すべて万全の状態で臨みたいと思ってはおりますが、なかなか思うようには運ばず、、、
という現状です。

皆様には大変にお手数をおかけいたしますが、ブログ、ホームページ等で必ず事前に告知はしてまいりますので、もし、ありがたくもご来店を計画されていらっしゃる場合は、
当日に一度、ブログ、ホームページ等をご確認いただけますと幸いです。

明日は仕入れです!!!
お時間をいただく分、しっかりと素敵な石を大量に仕入れたいと思います!
ブログでも石の紹介ができたらと思っております。
店頭でももちろん直接見て触ってできますので、ぜひ見にいらしてくださいね。


reade more... Résuméabuiyad

monoスペシャル レザーを知れば、モノはもっと面白い 革の力 2



 
ご縁に感謝
 
 
グサッと刺さる、感じる、思い、感性。羊の皮をかぶった狼な、理解ある美人編集長に
 
より解りやすい解説、脱帽です。ありがとうございました。
 
 
これからも努力を続けます。

reade more... Résuméabuiyad

かぼちゃ

************************************************************
2012/9/28(金)は、仕入れのためオープン時間が14:00~となります。
お手数をおかけいたしますが、お急ぎの方はメールにてお問い合わせくださいませ。
よろしくお願いいたします。
picogramdesign@kdr.biglobe.ne.jp
************************************************************


1Fのお花屋さん「Petite Cour.M」さんの前を通りかかったら、


・・・!?
思わず2度見してしまいました。。
かぼちゃですけどまるできのこ。


そして、店内のきれいなお花につられて1輪購入。

良い季節ですね。


yomegram
reade more... Résuméabuiyad

Aline(アィリーン)さんの家

ノルマンディーから、ペーターおじさん界隈の、お友達お宅拝見ツアーの続きで、今回はファッションデザイナーのAline(アィリーン)さんの家。
彼女はParisのアパレル業界出身。現在はこのノルマンディーの自宅兼アトリエで、レザー、毛皮、ウールを素材にしたオリジナル・デザインの服やインテリア・ファブリックをデザイン・製作して、ショップに卸している。私と同様の「家内製デザイナー」さん。
前々回の標本箱の(このページ)、アンティーク/ブロカンテ・ショップ「Eclectique」のフランソワーズとも友達で、冬の間は彼女の服もショップに並んでいた。
お店のあるÉcouchéの町の北のはずれに、彼女のお家がある。


Aline's house - exterior
農家の建物を改装したもの・・・のようなのだが、詳しくは尋ねていない。
なにしろ、私はまったく仏語不可、彼女はかろうじて英語が通じる状態。
他の仏人のお友達やら、ティエリーおじさんやらで、話がはずんでいるので(仏語で!!)、
私は写真撮影に引きこもっているのだった。
手前の玄関がリヴィング・スペースに続いていて、奥のガラス戸のエリアがアトリエ。

Aline's cat
庭にいた猫にはちゃんとご挨拶。

Aline's house
玄関を入った部屋は、大きな薪ストーヴのあるリヴィング・ダイニング。

Aline's house
ソファに彩を添えている、クッションやスローも彼女の作品・・・だと思うのだが。

Aline's house
大きなストーヴ。

Aline's house
何気なく置かれているモノ達が、絵になる。

Aline's house
窓辺。

Aline's house
キャビネットの中のグラス類や食器は、もっぱらフランソワーズのお店から。

Aline's house
その奥はキッチン・スペース。

Aline's house - kitchen
ナチュラルなテイストでまとめられている。

Aline's house - kitchen
窓辺のテーブル。

Aline's atelier
玄関から、キッチンと反対の左側のドアの奥がアトリエで、素材が山積み。

Aline's atelier
アトリエ全体ヴュー。

Aline's atelier
製作進行中の作品。

Aline's atelier
明るくて仕事しやすそう。

Aline's atelier
あ、ここにも作品が・・・。
階段の上がベッドルームという構造になっている。

Aline's house
トイレを借りたら、バスルームのドアの窓にかかった、
ヴィンテージのレースカーテンが風になびいて、フォトジェニック。

Aline's garden
物識りティエリーおじさん(後ろの赤いシャツ)の、庭ガイドツアー(笑)。


Aline's garden
庭の野菜畑の裏には、

Aline's garden
丘が広がっている。


River Orne
家からほんの数百メートル先には、オルネ川が流れている。

Thierry's cottage
ティエリーおじさんのコテージにて、
イチゴに手を伸ばしているのがアィリーンさん。


自然の中で、好きなものに囲まれて、好きなものを作って暮らす
アイリーンさんの理想的な暮らしぶりでした^^。



reade more... Résuméabuiyad

.