Pages

.

Dinan(ディナン)-リヴァー・ボート

やっと夏のホリデー話の最終回で、でもまたDinan(ディナン)のイメージ。

前々回の<このページ>フォトジェニックな坂道を延々下っていくと、Rance(ランス)川の橋に突き当たる。
その橋のたもとに船着場があって、夏の間は1時間周遊のリバーボートが出ている。
リバーボート・マニアの私としては(ボートが好きなのに船酔いする、リバーボート=揺れない、なので・・・)、これは、はずしたくないアトラクション。
そこで、滞在の2日目の朝一番の11時の便に乗るべく、坂を下っていった。

River boat trip - Dinan
町から降りてきた坂道、Rue du Petit Fort(ル・ドゥ・ぺティ・フォルト)の先に、
石造りの橋がかかっている。
その橋の上から、ボートの出る船着場を見たところ。

River boat trip - Dinan
泊まっている、このちょっと昔風なボートが、それ。
ロンドンはじめ、都会のリヴァーボートは、なにかとハイテク・デザインだけど、
古物の町ディナンだけあって、古風な木造「屋形船」風。

Dinan town
一緒に乗り込みを待っていた、ゴキゲンな犬君。

River boat trip - Dinan
11時の乗客が、全員中に座ったら、ぼちぼち出発。

River boat trip - Dinan
ほぼ川沿いにリヴァー・パス(遊歩道)も続いているので、
別にボートに乗らなくってもいいようなものだけど・・・、

River boat trip - Dinan
ボート好きにとっては、「水の上」というのがポイント高し。

River boat trip - Dinan
天気は上々、まだ朝なので、空気はさわやか、な、ボート日和。

River boat trip - Dinan
途中、ガイドのお兄さんが、川の歴史をいろいろ解説してくれるのだけれど、
何しろフランス語なので、私には全く意味はわからず・・・で、
おぼろげに解ったのは、ナポレオンの時代に、このロック(閘門)を作ったりして、
交通機関として川が整備されていった・・・みたいな話。
で、向こうに見えるのが件のロック

River boat trip - Dinan
ロック自体は、イギリスにも数限りなくあって、おなじみのものだけど、
それでも、水の上で呑気に時間が流れていく感覚が心地よい。

River boat trip - Dinan
実際の話、船をチェンバーに入れて舫って、水門を閉めて、
水を入れ(抜き)、水位を先にあわせて、また水門を開けて、運行という手順は、
少なくとも10分以上かかる。
そして、先に反対側からのボートの方が、先にチェンバーに入りつつあったら、
そのプロセスが終わるまで、こちら側のロックの外の待機場で舫って待つ。
(2つ上の写真の手前では、その待機場で小さなボートが待っている。)
という、まぁ、実に悠長なシステムなので、呑気に構えるしかないでしょう。

River boat trip - Dinan
ロックの先では、待機していた反対方面に下るボートが、
ぼちぼちロックに入るべく、舟を動かそうとしているところ。
先に見えているのは、隣村LehonにあるAbbey of Saint-Magloire(聖マギュア修道院)。

River boat trip - Dinan
Lehon村の石橋をこえてしばらくしたら、このボート・トリップの折り返し地点。

River boat trip - Dinan
私たちの座っていた、船の左側だと、帰りにこの修道院を見ることになる。

River boat trip - Dinan
もちろん、ガイドのお兄さんがいろいろ、この修道院と、
丘の上に見える(現在は廃墟の)砦について解説してくれているのだけれど・・・、
いかんせん・・・、これもフランス語で全くわからずじまい。

River boat trip - Dinan
ま、私はヴィジュアル系なので、撮影にいそしむ。
一方、相棒のフランス語のちょっとわかる、愉快な言語系Danaさんの頭の中では、
いろいろシュール、かつ、独創的なな川の歴史が繰り広げられていたようで
Danaさんバージョンのリバートリップ記
その後しばらく、それをネタにジョークが展開していたのだった(笑)。

River boat trip - Dinan
川辺にピンクの彩を添えるPurple loosestrife(パープル・ルースストライフ)。

River boat trip - Dinan
フキの一種なのかな?
ガイドのお兄さんが、昔はこれを丸めて小枝を刺して留めたものを、
日よけ帽子代わりに、かぶっていたものだ・・・という風に、実演して見せてくれた。

River boat trip - Dinan
向こうからやってくる、こんな小さなボートも借りられる様子。
で、風景の方は緑が多くて爽やかなんだけど、(行きしにすべて解説してしまったので、)
帰り道にはいまひとつ、ガイドさんの話題がない。
そこで、突然・・・彼は歌い始めるのだった。

River boat trip - Dinan
「じゃ、歌、いきまーす。」みたいな感じで、引っ張り出された手回しオルガン。

River boat trip - Dinan
前のDanaさんの持っている地図が回されてきて、
その左のブルーのコラムに歌詞が載っている。
曲自体は「Ah, Le Petit Vin Blanc(安い白ワイン)」という、
(第二次世界大戦後の)フランス開放万歳!!的に、戦後大ヒットした曲だそうで、
なので、フランス人なら、愛国大合唱せずにはおられない曲のよう。
そこにどうやら「美しきディナン、万歳!!」風の歌詞を付けているものと思われる。
道理でフランス人乗客は、ノリノリの大合唱。
事情のわからない、私達と後方デッキの英人乗客達は、
ボーゼンと見守っていたのだった(笑)。


Youtubeでみつけた、一番ヒットした(というはなしの)Lina Margyヴァージョンの
「Ah, Le Petit Vin Blanc」。すっごいフランスっぽい。イギリスではありえない。
イギリスではお姉さんは、きりっとクールで男っぽい・・・昔から(笑)。

River boat trip - Dinan
そうこうしているうちに、楽しい一時間はすぎて、ボートはDinanの橋に戻ってきた。


River boat trip - Dinan
最後にもう一度船着場から見た、橋とヴィアダクト。

Vedette Jaman IV (ボートの名前)

4月~9月、一日3~4便運行<スケジュールはこのページ
大人 13ユーロ、子供 9.5ユーロ。
(と、サイトには出ているが、ホテルからブッキングしてもらったら、
大人12.5ユーロだった。
このへんのディスカウント事情は、よくわからない。)
船着場の地図は<このページ



No comments:

Post a Comment

.