Pages

.

ヴィクトリアン墓地-5-Nunhead Cemetery(ナンヘッド墓地)

ヴィクトリアン墓地、ロンドンの「華麗なる7大墓地」Magnificent Sevenの続編で、今回はNunhead(ナンヘッド)墓地のイメージ。

ここは、南ロンドンの住宅街の中にある墓地。1840年に、ここもまた「庭園墓地」として設計されたもののようで、現在でも、森の中状態の一角があちこちにある。
19世紀ヴィクトリアン様式の墓石は、大型で装飾的なものが多いため、20世紀中ごろには、この墓地は満杯になってしまい、墓地会社はこの墓地を「放棄」してしまう。
そのあと、荒廃の一途をたどったのは、前々回のAbbney Park(アブニーパーク)墓地と同じ。しかし、80年代にはいって、ここが自然保護地区として、また、墓標の歴史的価値が再評価されるにしたがって、保護・維持組織、Friends of Nunhead Cemeteryが結成され、自治体やロタリー・ファンド(宝くじからの資金援助=重要文化財の修復事業にもっぱら充てられている)の補助を受けて、この墓地の大修復を完成させた。
2001年に、チャペルの修復が終了して、再び一般に公開されるようになった墓地。



Nunhead Cemetery
入り口のゲートを入ると、真正面にその、
修復されたゴシック・リヴァイヴァル様式のチャペルが見える。

Nunhead CemeteryNunhead Cemetery

改修された・・・とはいえ、ご予算の都合上か、その後の管理の便宜上からか、
屋根はなくて、オープン・エア状態。
夏には、ここで野外コンサートなどのイヴェントが催されるのだとか。
右はその華麗な装飾。


Nunhead Cemetery

Nunhead CemeteryNunhead Cemetery

チャペル周辺の壮大な、墓標達。
こういう規模のものを建てていたら、すぐに満杯になってしまう・・・。


Nunhead Cemetery
このチャペルを中心に、回りに道が広がっているが、脇の道に入るとそこは「森」。

Nunhead Cemetery
最も荒廃していた時期は、この墓地のほぼ全域が、
こんな風に蔦に覆われていたのだろう・・・。

Nunhead Cemetery

Nunhead Cemetery
この写真でもわかるように、敷地はなだらかに丘になっている。

Nunhead Cemetery
頂上と思われるところまで上ると、そこからはセント・ポールが真正面に見える。

さて、肝心の彫像ハント。

Nunhead CemeteryNunhead Cemetery
木蔦におおわれた間にたたずむ彫像達は、まるで森の中のフェアリー。

 
Nunhead Cemetery

Nunhead Cemetery

Nunhead Cemetery
ポスト・プロセスで遊びすぎて・・・、

Untitled
どんどん写真のカテゴリーからはずれていってしまう・・・・のだった。

Nunhead CemeteryNunhead Cemetery
このあたりでもう、これは「写真アート作品」と呼ぶしかないよな・・・という結論に達する。


Nunhead CemeteryNunhead Cemetery
あ、もういいんです、カテゴリーなどというものは便宜上のもので・・・、


UntitledNunhead Cemetery
基本はデジタルお絵かきを楽しんでるだけなので・・・(笑)。


Nunhead CemeteryUntitled
デジタルお絵かきはこれぐらいで・・・写真に戻ることに。


Nunhead CemeteryNunhead Cemetery
レンガのディティールの美しいMausoleum(廟)。


Nunhead CemeteryNunhead Cemetery
側面のディティールと、裏の窓を覗き込んだところ。


Nunhead Cemetery
いくつかMausoleum(廟)が集まっているエリアがある。

Nunhead CemeteryNunhead Cemetery
なかなかフォトジェニック。


Nunhead CemeteryNunhead Cemetery
冬の日差しの中の、エレガントな墓標。


Nunhead Cemetery
正面の入り口。
柱の逆向きの松明は「死」のシンボルで、墓標や墓地でよく使われるモチーフ。
その上に「輪」のように見えるのは・・・、

Nunhead Cemetery
しっぽを咥えている蛇、ウロボロスで、死と再生、永遠の魂を象徴する。


Nunhead Cemetery(ナンヘッド墓地)


View Larger Map



No comments:

Post a Comment

.