Pages

.

近頃の写真仕事近況-真知子姐さま、半日コッツウォルズ撮影

また今回も、最近の撮影仕事の中から、いつもお世話になっているBustle Co Ltd.真知子姐さまの撮影で、Cotswolds(コッツウォルズ)半日、日帰りした時のイメージを。

やっと春めいてきたUK。この日は日本の某誌の特集記事のために、真知子姐さま、ダンナ様のMax氏ともども、コッツウォルズ、Cirencester(サイレンセスター)近郊の Max氏のお姉さんの家に撮影に向かった。
テーマは「カップルのファッション」ということで、レストラン風景やら、ハイキング風景・・・というイメージで色々なシーン設定がある。セントラルロンドンで、早いランチを食べて、そこでまず2人のレストランシーンを撮影。
それから、一路コッツウォルズへ向かってドライヴ。




天気に関しては、真知子姐さまも私も、強運の持ち主。
この日も午前中の通り雨を払拭して、ピーカン天気を呼びつける。
はるかかなたに見える、コッツの丘陵。これで即、ホリデー気分。


モーター・ウェイを下りて、どんどんローカルな道に入っていく。
通り過ぎる村々が、名だたる「蜂蜜色の(石でできた)村」で愛らしい。
確実に・・・夏によくドライヴしている、ノルマンディーより美しいぞ・・・。
まぁ、コッツは「イギリス愛らしい村」リストがあるとしたら、
多分上位大半を占めるのではないかという気がするので、<こんなです
ここと比較したら、ノルマンディーがまったく気の毒というもの。


林を抜けて・・・、


Maxさんのお姉さんの家に到着。
真知子姐さま達は「お泊り」なので、まず荷物を下ろし・・・
しかし、ゆっくりはしていられない。
日が傾かないうちに、「コッツの町を散策」シーンの撮影に出動。


向かった先は、Cirencester(サイレンセスター)。
これは、StJohn Baptist Church(聖洗礼者ヨハネ教会)。
ここで・・・観光写真している場合ではなくて・・・、


店を覗き込んでいる場合でもなくて、


仕事、仕事。 ボツになった写真なので、小さい目にコラージュ。
真ん中の写真、2人はナイス・・・だったのに、道端のポールがどんと写っていた、残念。
(本版は、もっとステキな成功ショット満載!!)
右は、ひとたびお姉さんのお宅に戻って、「ご衣裳換え」。
お家の横に続く道でハイキングシーンの撮影。

このシーンでやっと、今日の仕事モードからは開放されて、
後はホリデーモードにスイッチが全面的に切り替わる。


そのハイキング道からの眺めが絶景。


羊がまったり草を食べる。


新生児の子羊発見。


その絶景のコッツ丘陵を背景に、お姉さん、Serena(セリーナ)さんの庭。
手入れの行き届いた、ノット・ガーデン。


やはり、お宅拝見マニアの私としては、インテリア拝見はMustでしょう。


リヴィングルームのコージーな一角。


二階のゲスト・ルーム。


ベッドサイドには、庭から摘まれた小花のポージー。


窓からは、コッツ丘陵の眺め。


窓辺でティーパーティーのチビクマ達。


ピグレット嬢。

なんだか、とっても和んでしまった。
「泊まっていけばいいのに。」と言ってもらっていたのだけれど、その翌日しか、ジュセフィーヌのお店の(前回の標本箱の)商品撮影の、ポストプロセスを一気に仕上げる時間がとれない。
残念ながら、コッツ数時間で日帰りすることに。
ネットで帰りの列車を調べてもらって、それに合わせて、Maxさんに車で最寄のKembleの駅まで乗せていってもらう。
列車に乗り込んだら、約2時間でロンドン、Paddington(パディントン)駅に到着。あー楽しかったなー。

実は、今月の終わりに、今度は別件の雑誌と本の企画で、東京からやってくる由美さんの撮影仕事で、コッツウォルズに4日間出張予定が入っている。
この仕事は、もっともっと観光モード。街並みはもちろん、ホテルや、レストラン、アンティーク・ショップなど盛りだくさんの撮影。
私の中では、撮影=仕事/3割、「キレイ」の収集という趣味/7割 という気分的配分なので、仕事なんだけれどホリデー同様で、今からすでに楽しみにしている。
写真に嵌って、人生もっともっと楽しくなってきた(笑)

最後にオマケで、この6月号からクロワッサン・プレミアムで、毎月連載の始まった、真知子姐さまのロンドン・ファッション・ページの撮影を担当中。
第一回は、先日の鋤田さんの写真展とBowie展がテーマ。一年間連載なので、ぜひ見てみてください^^。










No comments:

Post a Comment

.