Pages

.

近頃の写真仕事近況-Town House撮影

またまた、標本箱は最近の仕事のレポート。
今年は、ジュエリーの動きが遅くて、そのかわり、撮影の仕事が次々に入ってきて超多忙。
肩書きにフォトグラファーの方を、ジュエリー・デザイナーより先に書く時も近いかも・・・(笑)。

今回は、Kotomiジュエリーの取引先でもある、東ロンドン・Spitalfields(スピタルフィールズ)にある、アンティークショップ、Town Houseから、広報用のストック写真の撮影依頼を受けた時のもの。
以前から何度か撮影して標本箱にも詰め込んだことがある<このページ>と<このページ>。
再び、とにかく色々撮ったので、標本箱にはコラージュで詰め込むことに。


Main shop room
これはメインのお店のイメージ。
お店、というよりは、知り合いのお宅の居間にお邪魔している感じ。
5月後半に差し掛かって、まだ肌寒いLondon。お店でもまだ薪ストーブが焚かれている。

Court Yard
メインのお店の奥のドアを出ると、小さな中庭がある。
ここにお店用の薪も保管されている。
夏には色々と花がかわいいのだけれど、今はやっとヴィオラが咲きはじめたばかり。
オーナーのフィオナさんの愛犬マックス君は、お店に非常勤勤務。
その奥にある建物が、ギャラリー。

Back room
年に何回かの特別展の時期以外は、ここもショップスペースになっている。
現在は、スピタルフィールド関連の本や、リネン、ハンドメイドのパジャマ、セラミックなど、
現代のクラフトも扱われている。
また、レクチャーや展示会の会場等のイベントに貸し出されたるもする、フリー・スペース。

Kitchen
メインのお店の中庭へのドアの左側に、階段が地階に続いている。
地階の表に面した方の部屋がキッチン。
ここは、ミニミニ・カフェでもあって、お茶・コーヒーの他に、
ハンドメイドのケーキや、クッキー、クロワッサンのスィーツもあり。

Downstairs room
地階のキッチンの手前、中庭側にも小さな展示室がある。
キッチンでお茶やお菓子をオーダーして、ここでまったりすることもできる。
セラミック、ヴィンテージの食器、クッション、ハンドメイド・バッグ、石鹸が
ここで展示販売されている。

Shop front window
最後に、ショップ・フロントとウィンドウの中。
ちょうど私のジュエリーも、ウィンドウに展示してもらっている。
冬の間は、営業中でもドアが閉まっていることが多いけれど、
営業中(火~土、11:30am~6:00pm)なら、ドア・ノッカーをガンガン叩くとスタッフが開けてくれる。


Town House(タウンハウス)


5 Fournier St, London E1 6QE
Tel :020 7247 4745

地図:
View Larger Map




No comments:

Post a Comment

.