Pages

.

近頃の写真仕事近況-Cotswolds(コッツウォルズ)-2-

前回のコッツウォルズの話の続きで、その後に訪れた町がStroud(ストラウド)。
ここは某アンティーク・ショップの取材のために行ったのだけれど、町自体はなんというか・・・いまひとつぱっとしない。

Stroud
これは駐車場を探して、走っている車から撮った写真。
こんな風に・・・ここは村と言うよりは町で、鉄道の駅もある。
しかし皮肉なことに、鉄道駅のある地方都市はことごとく、
チャーミングな田舎っぽさを失ってしまう。

Stroud
立地からいっても、ここはコッツウォルズの西のはずれ、ロンドンからは遠くて、
ほとんどウェールズに近いといってもいいぐらい。
町や周辺の住宅ももはや、「蜂蜜色」のコッツウォルズ石で、
すべて建てられているわけではない。
中には70年代に開発された、コンクリートの建物もあるわけで、
それが一段と、「いまひとつな町」感を盛り上げてしまうのだった。

Stroud
天気も悪くて、右に見えているハイ・ストリートも一段と寂れた感漂う・・・。
しかし、古本屋さんは、なかなか味がある。

Peeping doggy
窓から覗いている犬まで悲しそう・・・(笑)。

Stroud
それでも、リヴァイヴァル傾向にいあるのか、
トレンディなヴィンテージショップが、いくつか目に付く。

Stroud
おしゃれな雑貨屋さんも。

Stroud
街角のレトロなパン屋さん。

この次は、観光激戦区、コッツの中でもフォトジェニック村上位を占めるはず、の、
Bourton-on-the-Water(ボートン・オン・ザ・ウォーター)だというので、
ストラウドの撮影はそこそこに、またドライヴ。

Bourton-on-the-Water
着きました。
いや、比較するのは気の毒というもので・・・ここは別物。

Bourton-on-the-Water
Windrush(ウインドラッシュ)川が、さらさら流れて、確かに「絵になる」風景。

Bourton-on-the-Water
建物も昔のままに保存されていて、それがカフェ・レストランやショップに使用されている。

Bourton-on-the-Water
ティールーム。

Bourton-on-the-Water
カフェ。

Bourton-on-the-Water
レストラン。

Bourton-on-the-Water
向かいのハイ・ストリート側はこんな感じで、観光客や買い物客の車は多い。
ハイ・ストリートの裏側に、町の集合駐車場がある。
そこには観光バスも7-8台停まっていて、夏の昼間は、町は観光客で混雑している。

Bourton-on-the-Water
このころはもう夕方。
5-6時頃を目途に、観光バスが帰っていく時間帯になると、町は一気に静かになる。

Bourton-on-the-Water
遅い目か、早い目の時間帯だと、写真が撮りやすい。

Bourton-on-the-Water
そして、ようやく日が差した!!

Bourton-on-the-Water
最後は駐車場に向かう路地の、石垣の上に咲く野草たち。

私達はここから少し離れた、Upper Slaughter(アッパー・スローター)という村の近くに滞在だった。
次回は、そのアッパー・スローター村のイメージを。





No comments:

Post a Comment

.